admin menu ≫  image  writes  admin
スポンサーサイト 
--.--.--.-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『きおもり』擬き? 
2008.01.06.Sun 
使わなくなったデルナーの錘を使って『きおもり』を造ってみました。
なんでデルナーを使わなくなったかというと、デルナーをサビクと重かったんですねσ(^^v
さて、改造し始めてみたものの、やっぱそれなりの機具・道具がないと難しいですねぇ?。
なんやかんやとホームセンターを4?5往復(^^;;・・・で、なんとかなったかなぁ?!?
↓の画像。既にステン線を曲げた錘が27号、曲げてないのが30号。
木部の作り方(構造)と材質が違ってます。
で、どっちの方が作り易いのか?うぅ??ん?

27号の錘は、φ20mmにφ9mmの孔の空いた木管を加工し、
ステン線も木管を被せる前に曲げといて、隙間に木工パテを詰め込み
削れるのは24時間後って?予定外(^^;;ふにゃ?
で、30号の錘は、φ20mmの無垢の桂材。加工したら失敗!?(^^;;ってか・・・
後曲げにしたステン線が、思いっきり曲げた所で折れちゃいましたぁ?(TT;・・・
で、木部を5mmほど削って何とか修正できましたが、錘の輪が小さくなりすぎです(^^;
20080106200039.jpg
自作の『棒浮き』擬きを造っていた頃を思い出しながら・・・
結構楽しく・・・造れましたぁ??(^^
関連記事
スポンサーサイト

台風画報


ナショジオニュース

降水短時間予報

RSSフィード

月別アーカイブ

ブログ内の検索

プロフィール


  • Designed by Il mio diario
  • Powered by FC2BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。