admin menu ≫  image  writes  admin
スポンサーサイト 
--.--.--.-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VBAプロジェクトに「デジタル署名」してみた 
2009.06.17.Wed 
 普段、エクセルのマクロセキュリティは「中」または「高」に設定しているが、マクロを含むブックを開く度に「警告」のメッセージが出てしまうので、たまに「低」にすることがあった。設定を戻し忘れるとマズイらしいが(^^;・・・
 頻繁に使うブックじゃなければ気にならないが、ブックをオープンするマクロとクローズするマクロを試していた時は、「警告」が気になって仕方なかった。
 「警告」を出さないようにするにはVBAプロジェクトに「デジタル署名」すれば良いらしいが、以前記述したVBスクリプトでマクロ入りのブックを開いてみたら、セキュリティを「高」にしていても「警告」なしにマクロを実行することが出来た。
 それからは「空」のマクロを作ってVBスクリプトからマクロを含むブックを開いていたが、「プログラムランチャ擬き」のマクロをユーザー設定ボタンのマクロに登録したら、VBスクリプトから起動することが出来なくなって(^^;VBSを使う方法は探せばあると思ったけど、VBAプロジェクトに「デジタル署名」するのに興味があってこっちの方が簡単かなとヘルプを開いて見たけど何が何だかチンプンカンプン(??;
 結局、ネット検索してみて判りやすく解説されていた「Excel 2000 で作成したファイルに作成者の証明書を付ける方法」を参考にして「デジタル署名」を設定することが出来た。Office200向けの解説だったがOffice XPでも手順は同じだった。当然VBスクリプトから開くよりもサクサク感がある。「デジタル署名」して正解だな(^^v
関連記事
スポンサーサイト
* スポンサーサイトVBAプロジェクトに「デジタル署名」してみたへのコメント *
   

台風画報


ナショジオニュース

降水短時間予報

RSSフィード

月別アーカイブ

ブログ内の検索

プロフィール


  • Designed by Il mio diario
  • Powered by FC2BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。